Thursday, March 18, 2010

受験勉強のつらさ

 自分が選んだ道だ。外務省専門職員になることを決め、就職活動は一切せず、6月の試験に賭ける。民間の企業に勤めたくないという思いと、このご時世、二兎を追っていいことはないだろうと思った。
 しかし、受験勉強というのは先が見えないものである。一日が勉強だけで終わっていく。本番までに知識が追いつくのかという不安だけが頭をよぎる。大学受験の時に浪人しているからなのだろう。現役の時も慶應一本に絞って受験した。浪人して後悔はしていない。
 今は、できる限りのことをするしかない。

1 comment: