Friday, December 31, 2010

いざ、アルメニアへ

9月26日、七時に起床した。宿のおじさんに、日本人が来たら指さし会話帳を渡すように頼んだ。アルメニアとの国境のノルドゥズに行くためには、ジョルファーという街を経由しなくてはならない。極力安くいきたいものである。マーランドバスターミナルまでが20000リアル、そこからジョルファーまでバスが出ており、それが12000リアルだった。そして、そこからノルドゥズまで、相乗りタクシーで40000リアル払い、イラン側の国境へとたどり着いた。周りは何もないところで、車を降りると闇両替がいた。
 

看板をくぐり、少し歩くとイランのパスポートコントロールの建物がある。出国のスタンプを押してもらい、アルメニア側の建物へと歩く。



この国境の間の道は、どちらの国の領土でもないと思うと不思議な感じがする。しかし山や木や川はそんなの関係なくそこに存在している。むしろ国境というものが人為的に作られたものであるということを感じさせる空間だ。アルメニア側の国境を守っているのはロシア軍だ。


アルメニアのあいさつは日本人にとって印象的で、大変覚えやすい。
こんにちはにあたるのが「バレー部です」だ。

というわけで、アルメニアのパスポートコントロールの建物に入るなり

「バレー部です!!」といったら、それだけで係員は笑顔になった。

ビザの手続きを待つ間、兵士に一緒に写真を撮ろうといわれた。自分のカメラでもとっていいかといったが、それはだめだというわれた。職権乱用だ。まあこんな辺鄙なところに勤務ともなれば、日本人は珍しいのだろう。

ビザは3000ドラム(約十ドル)だった。入国手続きが済み外にでると、運転手がたむろっていた。値段を聞くとやたらと高い。なぜこういう仕組みなんだろう。こいつらは国境で待ち伏せてたまに来る観光客相手に金をとるのだ。もっと薄利多売で働く仕組みにしてほしいものだ。いろいろとごねたりもしたがここにマルシュルートカ(乗合ワゴン)がたまにしか来ないのが悪いのだ。仕方ないのでイラン人2人と相乗りでゴリスまで行くことになった。10000ドラムだという。イラン人はエレバンまで30000ドラムを払ったという。運転手はヒョードルみたいな顔をした男だった。
 

 



ドライブの途中の景色は美しい自然だった。木々はところどころ黄色くなっていた。ただ運転手の男水を飲んだ後のペットボトルを山に向かって放り投げるのを見て、価値観の違いというものを感じてしまった。3時間くらい乗っただろうか。ゴリスの街だと言っておろされた。ほんとにゴリスかどうかよくわからないがとんでもないとこに来ちゃったなという感じがした。天気も霧がかっていてなおさらだ。

宿は旅行人に載っているLyova & sons B&Bという民家の一部を宿にしたところに泊まった。7000ドラムで朝食つきだ。高いが、こんな辺鄙なところなのでしょうがない。

夕飯でも食おうかと外にでてロンプラに載っているレストランへといった。入ると、アルメニア人の青年3人組に呼ばれ、ビールをごちそうになった。少し話をし、念願の豚肉を注文した。2週間ぶりのビールはうまかった。豚肉も最高にうまい。
 

これだけ食べても2100ドラムだ。宿に戻るとロシア人の集団が食事をして盛り上がっていた。モスクワから来たそうで、アルメニアのいろんなところを訪れているそうだ。この中学生の少年は家族でいままでいろんな国に行ったらしい。うらやましい限りだ。
ミネラルウォーターのペットボトルに入っていたのはアルコール度数60度の自家製ウォッカでおじさんたちとショットグラスで乾杯一気を2,3回した。これがロシアの飲み方なのか。

 

No comments:

Post a Comment