Saturday, November 3, 2012

ロシアの前衛アーティスト(?)アレクサンドル・ピストレトフ

 同じ研究室のP君から教えてもらって以来、気になってマイブームとなっている人がいる。
ロシア人のアレクサンドル・ピストレトフ(Aleksandr PistoletovАлександр Пистолетов)である。
 最初に観たのは以下の動画である。



パイレーツオブカリビアンの曲の替え歌に合わせて、己の棒を回転させながら踊っているというものだ。バックには映画の映像が流れている。

 第一印象は、この動画がyoutubeで消されないのか!?という驚きである。
youtube上にはすでに同じ動画がそれぞれ違う人にupされているので、消すとしてもすぐにはいかないだろう。
修正版もUPされていて、少し黒い帯を下につけるだけで、NG部分が隠れるのだから考えたものだ。

 いろいろと調べてみると、グラディエイターの映像に合わせたものや、軍服を着て踊っているものもある。いずれも、ある映像の上に、自分の体を重ね、一部は映像とマッチしている。

 ネット上で検索すると、ポルノ映像の上から全裸で踊っているものもある。かなりヤバい人である。

 とはいえ、使われている曲はすべてアレクサンドルが作っているようで、動画を見ているうちに音楽の方もいいなぁと思うようになってしまった。



 海賊の曲の歌詞も英語訳を見てみるとなかなかいいことを言っている。最初は俺はロシアの海賊だみたいなことを言っているのだが、パンチキック以後の歌詞がこうだ。


On the internet, quite like the sea,
ネット上では、海のように
We are rocked, and we rock
俺たちは(波に)揺さぶられ、揺さぶる[rockがダウンロードも意味している→俺たちはダウンロードしダウンロードされる]
#[translators note: rock = load, so hes saying that "we get rocked by waves, we rock the waves" which has the double meaning of "they download us, we download too", an allusion to computer piracy]
And download our rights
そして、俺たちの権利をダウンロードする。
To ships without decks.
デッキのない船で(CDとかDVDデッキとかけているのだろう)
If you wrote something
or you came up with something,
Your intellectual property
You hold it in your arms.
もし、おまえが何かを書いたり何かを考え着いたら
おまえの知的財産は手の中にある。

Similar to the tentacles of octopus
Your IP rights are being strangled.
[You are] So called, like on the sea
An intruder - a pirate.
タコの触手と同様に、おまえの知的財産権はしめつけられている。
海の上でのように、(おまえは)呼ばれる。
侵略者‐海賊と。
Pirates, just like citizens
Follow their rules,
Nobody will be laughing
If they get punished.
海賊は、市民と同様に、海賊の掟に従う。
もし海賊が罰されるなら、誰も笑わないだろう。



と、まあ訳はこんな感じですかね。ネット上での表現活動と知的財産権、海賊版の問題等、アレックスが海賊の格好をしているのにも意味があるわけだ。
ジャ○ラックに聞かせたい。

facebookのアレックスのページの肩書は、俳優・歌手・ヌーディスト・オナニストとなっている。
多彩な新しいロシアの海賊の今後に期待だ。

No comments:

Post a Comment