Monday, May 26, 2014

経歴・業績(日本語)

谷 憲一

所属
一橋大学大学院社会学研究科 社会人類学共同研究室

連絡先
ken1-anthro[at]uni.de

研究領域
社会人類学 イラン研究 

研究課題
・イランにおけるシーア派宗教実践の民族誌
・イスラーム復興、ポスト世俗主義に関する議論の再検討
・人類学理論

研究業績

論文
(査読有)

2013 「Saba Mahmood著 Politics of Piety: the Islamic Revival and the Feminist Subject」(書評)、『くにたち人類学研究』、くにたち人類学会、vol.8、 pp. 19–25。

2015a 「世俗主義批判の射程:イスラーム復興に関する人類学の最前線」(研究展望)、『文化人類学』、日本文化人類学会、79巻、4号、pp. 417- 428。

2015b 「『コスモロジー』研究と世俗主義批判:人類学的相対化の複層性という観点から」(研究ノート)、『くにたち人類学研究』、くにたち人類学会、vol.10、pp. 24-40。

2016 「書評 黒田賢治著 『イランにおける宗教と国家―現代シーア派の実相―』」、『イラン研究』、関西イラン研究会、第12号、pp.140-149。

学会・口頭発表

2013.3.16「敬虔なムスリムと『近代性』:世俗主義批判としてのイスラームの人類学とその射程」、日本文化人類学会 関東地区懇談会、(於・首都大学東京南大沢キャンパス)

2014.7.31「イスラーム研究における存在論的転換:世俗主義の「他者」の探求に向けて」、筑波人類学ワークショップ002、(於・筑波大学館山研修所)

2016.11.25「テヘラン・ジェイ地区におけるシーア派イスラームの宗教実践に関する人類学的研究:ホセインの追悼儀礼を中心に」、第862回 東京都立大学・首都大学東京社会人類学研究会(於・首都大学東京南大沢キャンパス)

調査歴
2013.7-2014.3 イラン、テヘランにて長期調査のための語学学習(ロガトナーメ・デホダー校にてペルシア語上級Ⅰまで修了)および予備調査

教育歴
2012.10–2013.1 一橋大学大学院社会学研究科TA(「社会人類学特論」)

学歴
2007.4 慶應義塾大学文学部入学
2011.3 慶應義塾大学文学部人文社会学科社会学専攻修了
2011.4 一橋大学大学院社会学研究科修士課程入学
2013.4 同課程修了
2013.4 一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程進学
2014.10 テヘラン大学世界研究学部イラン学専攻修士課程入学

学位
修士号(2013年 社会学修士、一橋大学)

研究助成/その他
2013 科学研究費補助金、基盤研究A、 「『再帰的』思考と実践の多様性に関する人類学的研究」(研究代表者:大杉高司)を利用
2014 松下幸之助記念財団 研究助成、「現代イランにおける「世俗化」とイスラーム復興に関する人類学的研究―敬虔なムスリムの集会活動に着目して―」
2016- 日本学術振興会特別研究員(DC2)

No comments:

Post a Comment