Sunday, November 29, 2015

カルバラー巡礼断念の顛末

 「イラクに行く」と言うと、頭がおかしいと思われるかもしれない。しかし、(クルド人自治区は安全だし、空路なら行くことができる、という話は置いといて、)シーア派の聖地カルバラーには、フセイン政権の崩壊以後、イランやその他シーア派の人々が訪れている。とりわけアシュラーから40日目のアルバインの日にはとりわけ多くの人が巡礼する。昨年はイラン政府が国境を開放したということもあり、200万人以上が訪れたと言われている。知り合いも何人か訪れていて、今年は同じクラスのレバノンの学生も行くというので行くことを真剣に検討した。イランの再入国許可をとり、書類をそろえてイラク大使館に行くと、日本大使館からレターをもらってこいという。日本大使館に電話して尋ねると危険情報で渡航禁止が出ているのでレターは出せないという。今年初めジャーナリストが旅券を返納された例もあったので(http://www.asahi.com/articles/ASH7Z5F6KH7ZUTIL02M.html)、あまり食い下がってイランにすら居られなくなったら困るが、ここは曲がりなりにも立憲国家に生きる市民として行政のことを知るべきだろうということで、その法的根拠を聞いてみると、大使館に赴くことになった。
 結論から言うとサポーティングレターの発行は法や規則によって定められているわけではなく、自由裁量であるという。外務省では海外安全情報を出しており、レベル3までの国からのレターの要求であれば、基本的に発行するが、レベル4の退避勧告が出ているところには出せない、と説明された。これは行くことを強制的に食い止めるわけではないし、そのような権限はない(憲法22条)。この辺の実際の運用は議論のあるところだろう。例えば安全情報の信ぴょう性や国際関係上の問題による恣意的な運用などをチェックできるのか。
 今回は行くことを断念せざるを得なかったが(もちろん国境が開くことに賭けていく道もまだ残っているが)、旅行者ブログなどを見てもいまいちはっきりしない、サポーティングレターについて副領事の方からお話を伺うことができたのは収穫だった。

No comments:

Post a Comment